トリコモナス原虫

トリコモナス症とは

この性病はトリコモナス原虫によって引き起こされ、性行為によって感染しますが、下着、タオル、浴槽、便器を経由して感染することもあります。

女性の場合は男性よりも症状が重く、トリコモナス原虫が性器内に入り込んで炎症を引き起こし、妊婦の場合、早産や低体重児の危険があるので、妊娠中は特に医師の指示を守りましょう。

放置すると、再発し、女性では月経のあとに再発しやすいのが特徴です。

トリコモナスの症状

女性は症状が出ますが、男性にはほとんど症状が出ないのが特徴で、感染してから症状が出るまでの期間はさまざま(不定)で、男性だと症状の出ないことが多いですが、尿道がかゆくなったり、おしっこの時に痛くなったりすることがあり、女性だと黄色の泡状のおりものがみられ、陰部や腟がかゆくなったりします。

男性の症状

男性の場合は症状はほとんど出ず、軽い排尿痛などの症状が見られる場合がありますが、まれに尿道からの分泌物(うみ)が出ます。

この性病を放置すると、尿道炎や前立腺炎を引き起こす場合があります。

女性の症状

女性の場合は、膣に加えて子宮頸管や膀胱、尿道にも感染し、炎症を起こし、外陰部の強いかゆみや痛み、黄色から灰色の泡状で悪臭の強いおりものが大量に出ることもあります。

感染者の20~50%は症状がないとも言われ、治療せずに放置すると炎症が卵管にまで達し、不妊症や流産をまねく可能性もありますので、注意しましょう。

感染経路

トリコモナス症は、感染経路は主に性行為で女性の場合は膣や子宮頸管、男性の場合は前立腺や精のうに原虫が寄生して引き起こされます。

性行為以外では、下着、タオル、浴槽、便器を経由して感染することもあるため、子供や幼児が感染する可能性もあり、コンドームを使用していても感染を完全に防ぐことはできません。

検査

性器や尿道を綿棒でこすって、そこにトリコモナスがいるかどうかを検査し、女性は綿棒で膣を拭き、男性では尿で検査することができます。

トリコモナスの性病検査には、精液検査、前立腺液検査、尿検査があります。

トリコモナスの病原体は、膣トリコモナスと呼ばれています。これは一般的には尿生殖路において繁殖することが多い性病です。

男性の場合、トリコモナスの病原虫が寄生する場所は、尿道、前立腺、そして精嚢といわれています。

男性のトリコモナスの検査は、泌尿器科あるいは性病科で行われます。具体的な検査法としては、尿検査や前立腺からの分泌物を分析し、トリコモナスの原虫の存在を確認するがもっとも一般的です。

男性の場合、検査によってトリコモナス原虫が発見される割合は女性よりも少ないとされます。感染が進んでしまうと、尿道炎や前立腺が腫れる前立腺炎などを引き起こしてしまうことがあります。

男性の場合、尿道への寄生が軽い場合、尿の排出とともにトリコモナス原虫が体外に排出されてしまうこともありますが、他の部分へ寄生している可能性もあり、尿検査でトリコモナス原虫が確認されなかったというだけでは、トリコモナス感染が陽性かどうかの判断は難しいといわれます。

それゆえ精液や前立腺からの分泌物の検査も必要とされることがあります。

検査の手順としては、尿や前立腺そして精液から採取された分泌物の中に、トリコモナス原虫が存在するかどうかを顕微鏡によって確認することにより行われます。

女性であれば膣分泌物を綿棒に少し取り、それを提出して顕微鏡でトリコモナスがいるかどうか確認します。

病院ですぐに検査結果が分かるため、トリコモナスの検査はほぼこれ一本です。

顕微鏡による検査では確認できない場合には、これをいったん培養液の中で培養してから、再びトリコモナス原虫が存在するかどうか確認する作業が行われます。

予防と治療

薬には飲む薬、腟に入れる薬があり、医師の処方した薬(抗原虫薬)抗トリコモナス剤を飲んだり、薬を膣内に入れたりし治ります。

治療が終わっても、再発防止のため治ったかどうかを検査する必要があります。

予防には、コンドームをエッチの最初から最後まできちんとつけることです。