「アタマジラミ」でおなじみのシラミの仲間で、吸血性昆虫の1種であるケジラミに感染することにより起こります。

この感染症は非常に激しいかゆみを伴うことが特徴であり、「夜寝ることができないほどかゆい」とも形容されます。

症状

感染後数日から1か月で患部にとても激しいかゆみを感じるのが特徴です。ケジラミは主に陰部を住処としているものの、他の体毛部分にも感染します。

例えば、顔ではヒゲのほか、腋毛、肛門周辺の体毛なども住処とします。

かゆみの他、ケジラミが吸血したことによって下着に血が付く、ケジラミのふんが下着につくという出来事によって気づくこともあります。

感染経路

性感染症のひとつで、陰部のふれあいなどによって体毛が接触することによって感染します。

ただし性行為だけでなく、感染者が使用した後のタオルの使用や公衆浴場での入浴などによっても感染します。

そのため、普段の日常生活でも感染するリスクがある感染症のひとつでもあります。

検査法

激しいかゆみがあらわれること、下着に何らかの痕跡が残りやすいことと、自覚症状がある感染症のため検査を行わずとも病気を判断することができます。

また、感染症の原因は細菌やウイルスではなく昆虫であるため、他の性感染症のように抗体を調べる血液検査などを行う必要はなく、ケジラミの成虫や卵の目視により診断する場合が多いです。

治療法

治療法はおおまかに2タイプあります。

ひとつは、ケジラミの住処となっている患部の体毛を全て剃ってしまうことです。

ケジラミは毛の根元に卵を産みつけますが、毛を剃ってしまうと卵を産みつけることができないため世代交代がきちんと行えず、死に絶えてしまいます。

こちらの方法はお金もかからず手っ取り早い方法ですが、きちんと完璧に剃る必要がありますので少々難しい場合もあります。

毛を剃るのに抵抗がある場合やどうしてもうまくいかない場合、市販のシラミ治療専用のシャンプーやパウダーを使う方法があります。

こちらでは1度薬を使っただけでシラミが全滅するわけではないため、治療までに複数薬を使う手間と全滅するまでの期間が必要なことなどが芳しくない点でもあります。

予防法

他の性感染症の中には血液や精液などを介して感染するものが多く、こういった感染症にはコンドームが有効です。

しかしながらケジラミは昆虫の感染によるものであるため、こういった行動では予防できません。

今のところ、ケジラミの有効な予防策はないとされています。