子宮頸がんはヒトパピローマウイルスに感染することで発症する性感染症です。

同じくヒトパピローマウイルス感染が原因で起こる尖圭コンジローマとは異なり、こちらは悪性であるとされます。

有効なワクチンが開発されていますが、その副作用が現在問題となっています。

日本では他の子宮のがんと20代から40代と若い年齢層で感染が急増しており、発生数・死亡数共に増加しています。

症状

子宮頸がんは子宮の入り口にできるがんのことで、初期にはほとんど自覚症状はありません。

しかしながら、病気の進行とともに性交と気や月経時以外でも出血する、茶褐色や黒褐色のおりものが増える、月経の量が増えるまたは長引く、下腹部や腰が痛むといった症状が現れます。

子宮体のがんは閉経後に増えるのに対し、子宮頸がんは若い層に多くみられること、感染しても必ずしもがんにはならないこと、がんの中では比較的ゆっくりと症状が進むことが特徴です。

感染経路

ヒトパピローマウイルスの感染が原因です。

このウイルス皮膚の小さな傷から体内に侵入・感染するとされており、主な感染経路として性行為が知られています。

検査法

子宮頸がん検診では、問診、視診、細胞診などがが行われます。

問診では、問診票に月経周期や直前の月経の様子、生理痛の有無や月経量の他、妊娠歴などを記入します。

これをもとに医師おすり、質問に答えることもあります。

次に、視診では膣鏡という特殊な機器を使って子宮の入り口(子宮頚部)を観察します。

この時に、医師はおりものの状態や炎症の有無を確認します。

最後に、細胞診ではブラシやへらなどをつかって子宮頚部をこすり、細胞を摂取します。

この細胞は病理診断に回され、悪性かどうかの判定やヒトパピローマウイルスの型を判別するために使われます。

これらにひっかかるとコルボスコープや組織診のような精密検査を更に行います。

こちらにも引っかかった場合、治療やがんのステージを知るためさらに検査を行う場合もあります。

治療法

治療はがんのステージによって異なり、手術、抗がん剤による化学療法、放射線治療があります。

初期の子宮頸がんの場合、「円錐切除術」というがんの切除手術を行います。この段階ではがんの範囲が狭いため、患部のみを摘出します。

しかし、症状が進行すると子宮の全摘出手術を行う、摘出手術に加えて化学療法を併用したり放射線治療を行ったりします。

予防法

皮膚接触により感染するため、避妊具の使用では完全に防ぐことはできません。

有効なワクチンが開発されているものの副作用が問題視されており、推奨するか否かは医師により意見が異なっています。