ヒトサイトメガロウイルスの初感染、再感染または再活性化によって起こる病気です。

感染=感染症では②ことが特徴でもあります。

この病気は胎児や未熟児、臓器移植後やエイズ患者、先天的免疫不全の患者で普通起こりますが、稀ではあるものの免疫学的に正常な人でも起こる場合があります。

症状

妊婦がこの病気を発症した場合、胎児は先天的サイトメガロウイルス感染症となります。

症状は無症状、軽症から重症まで幅があるものの、初感染では重症例が多いとされ主な症状は低出生体重、黄疸、小頭症、脈絡網膜炎など様々です。

新生児や乳児では母乳などを介した水平感染がおもであるものの、軽症化明らかな症状を示しません。

健常者で思春期以降に感染した場合、発熱や肝機能異常といった症状を示します。

また、免疫不全状態の人ではウイルスが再活性化し日和見感染が起こりやすいのが特徴です。

この場合、網膜炎、腸炎、脳炎などを発症します。

感染経路

体液との密接な接触によって起こります。

ここで言う体液とは、尿や血液、だ液はもちろんのこと、精液や膣の分泌液なども含まれます。

母子感染の場合、出産の際の血液や母乳、だ液を介して感染します。一方、精液や膣分泌物なども感染の原因となるため、性行為も感染経路のひとつです。

また、血液を通して感染するため汚染された血液や臓器移植などによっても感染のリスクが上昇します。

検査法

先天的サイトメガロウイルス感染症では尿中からウイルスが分離できると確定診断獲ります。

検査法はウイルスの抗原を検出する、DNAを検出する、ウイルスのIgM抗体を検出など色々あります。

しかし、保険が適用されるのはウイルス抗原を摘出する方法とIgM抗体を検出する方法の2つです。

病気の状態を把握するため、複数の検査を行い総合的に判断することが重要視されています。

治療法

治療には抗ウイルス剤を使用します。

ウイルスの体制の有無などによって実際に治療に用いる薬の種類は異なります。点滴静注、カプセル製剤などが利用されています。

予防法

先天的サイトメガロウイルス感染症を避けるにはウイルスに未感染の妊婦は乳幼児との接触を避けことが有効です。

また、早期移植後の免疫抑制治療を受けている人の場合、移植前にドナーとレシピエントが抗体検査を行うと有効であると言われています。

また、性行為も一つの原因なので、コンドームの着用が効果的です。

付着した細菌の対策のためにうがいと手洗いをするのも有効です。