ヒトパピローマウイルスの感染によって患部にできものができる病気です。

なお、できものといっても悪性腫瘍ではなく命に別状はありません。

ヒトパピローマウイルスは尖圭コンジローマだけでなく、子宮頸がんの原因ウイルスとしても有名です。

症状

性器や肛門の周辺に鶏のトサカやカリフラワーのような、または乳頭のようなイボができる病気です。

これらの部位の他、尿道などにイボができる場合もあります。

症状が進行するに伴ってこのイボは大きく、数も多くなります。

放置していくと周辺に広がっていくのも特徴です。

自覚症状はほとんどないとされますが、痛みやかゆみを伴う例も報告されています。

感染後すぐに症状が出るわけではなく、3週間から8か月、平均3か月ほどの期間を経てイボ(尖圭コンジローマ)が発症するとされます。

感染経路

基本的には皮膚を合わせることで感染します。

ヒトの皮膚はウイルスなど外部の敵を通さないようにできていますが、性行為などで皮膚表面にちいさな傷ができるとそこからヒトパピローマウイルスが侵入し感染します。

検査法

基本的には目視や広がり具合により病気が判断されますが、悪性か良性かの判断が難しい場合などでは麻酔をしてイボの一部を切りとり、それを検査する「組織検査」が行われます。

治療法

塗り薬を直接患部に塗ることでイボの治療を行う場合と外科的手術によってイボを取り除く場合の2種類の治療法があります。

外科的手術にはいろいろなタイプがあります。

ひとつ目は麻酔なしで液体窒素でイボを凍らせて取り除く方法、ふたつ目はイボ周辺に麻酔をかけ、電気メスで焼く方法、みっつ目はイボ周辺に麻酔を施してレーザー治療をする方法、この他に麻酔の後専用の器具でイボを切除する方法などもあります。

これらの方法は痛みがあったり傷跡が残ったりする恐れがあります。

また、尖圭コンジローマはウイルスが残っている限り再発のリスクがあるため、一度イボを切除したからといって完治したわけではありません。

予防法

ほとんどは性行為によって感染しますが、中には手指の傷や器具を介して感染が起こる例も稀ではありますがあるようです。

前述の通りヒトパピローマウイルスは血液や精液などを介して感染するのではなく、皮膚についた傷からウイルスが侵入してくるために感染します。

そのため、エイズやB型肝炎、そのほかの多くの性感染症とは異なりコンドームの着用によって感染を防止することが必ずしも可能ではありません。

性感染が主であることから、そのような関係を結んだ人の数が多ければ多いほど感染リスクは上昇します。