カンジダ症とは

性器カンジダ症は、カンジダ属の真菌(カビの一種)が原因となって起こる性感染症でこの原因菌は常在菌で、通常人の体内に存在することが多く、抵抗力の低下などによって症状が出ます。

特に女性に多く見られ、典型的な症状は、外陰部のかゆみやヨーグルト状のおりものの異状がでる一方で男性に症状が出ることは少なく、包茎の人にかゆみなどの症状が出ることが多いのが特徴です。

カンジダの症状

感染から症状が出るまでの期間は不定で、男性だと症状はでないことも多く、亀頭部がかゆくなったり、赤くなったりすることがあり、女性だと、外陰部のかゆみ、おりものの異常でボロボロした白いチーズ状、ヨーグルト状、おかゆ状になります。

男性の症状

男性はカンジダ菌を持っていても症状は顕在化せず、包茎や糖尿病、またステロイド剤の投与などが原因となり、発病することがあり、具体的な症状としては、亀頭にただれやかゆみ、小さな水泡ができます。

女性の症状

女性の場合は、膣と外陰部に同時に症状が現れることが多く、主な症状として、外陰部や膣のかゆみ、ヨーグルト状のおりもの、性器の炎症、性交痛、排尿障害などがあります。

感染経路

カンジダ菌は、常在菌で健康な人も保有していることから、感染経路は性交渉に限りません。

風邪や疲労による免疫力低下、ステロイド剤の乱用、妊娠など体調の変化により症状が出ることが多いとされます。

一旦自然に症状がなくなっても、また再発するので完治するまでは注意しましょう。

検査

カンジダの性病検査には、陰茎擦過検査、膣分泌液検査があります。

どちらも病院もしくは自宅で検査を行うことができますので、それほど複雑な検査ではありません。

まず尿検査の場合は、尿が尿道もしくは尿道口を通過する間にカンジダ菌が混入していないかを確認することになります。

起床して何度かトイレに行ってしまうと、尿道口や亀頭部に繁殖したカンジダ菌を尿で洗い流してしまいますので、朝一番の尿を採取することが望まれます。

手順としては、放尿を始めて少ししてからキットに付属している専用カップ、もしくは紙コップに尿を溜めるようにします。

そして病院や検査機関に提出する専用容器に尿を移し替えて、しっかりと密封し採取は完了となります。

ただしカンジダ性の尿道炎というのは、それほど多くありませんので病院や検査機関によってはカンジダの尿検査を取り扱っていない場合もあります。

そうなると、もう一つの方法である陰茎擦過検査が行われることになります。

性器の尿道口や亀頭部を綿棒で擦って分泌物を採取します。

ここで採取されるカンジダ菌の量は、それほど多くありませんから、検査施設において培養していきます。

培養地へ綿棒によって採取した分泌物をのせておくと、カンジダ菌が混じっていれば、時間の経過とともに増殖していき、顕微鏡で確認できるようになります。

この検査は病院内で採行われることもありますし、インターネット等で申込みをすると、アルミパックなどに綿棒などの検査キットが封入されて届き、自分で菌を採取して送付し検査結果を待つという方法も選択できます。

専門医の診断で判明し、性器を綿棒でこすって検体を採取し、検査でカンジダがいるかどうかを検査します。

治療と予防

医師の処方した薬(抗真菌剤)で治り、薬には、性器に塗る薬、腟に入れる薬、飲む薬があります。

カンジダの予防には、コンドームをエッチの最初から最後まで装着をしましょう。

性器カンジダ症の原因は、性行為だけではなく腸管などに感染したカンジダが、肛門から陰唇や腟に感染して症状があるので、性行為が無くても、症状が見られる時には医師の診断を受けましょう。

また、免疫力の低下を防ぐために健康的な生活を心がけたり、カンジダ菌が生息しにくくなるように通気性の良い下着を履いたりすることが大切です。