通常膣内で優先する乳酸菌ではなく他の種類の細菌が増加、繁殖することによって起こる炎症で、性感染症ではありません。

おりものの悪臭がするため、パートナーに性感染症ではないかと疑われる恐れがあります。

この症状はカンジダ菌などのような性感染症の原因となる細菌ではなく、膣内の細菌バランスが崩れることが原因です。

症状

月経時や病気によって免疫力が低下しているときに起こりやすいとされています。

膣内のpHがバランスを崩すことによって細菌が繁殖しやすくなり、その結果おりものは魚臭いような生臭い強烈な悪臭を放つようになります。

また、おりものは量が少なく灰色です。

しかしながら、半数程度の人は無症状であるとされています。

妊娠している場合、絨毛膜羊膜炎がおこり子宮黄河柔らかくなって開きやすくなるため、早産や流産のリスクが高まるとされています。

感染経路

膣内の細菌バランスが崩れることが原因であり、特定の細菌の感染により起こる感染症ではありません。

疲労、病気や月経で免疫力が低下している場合、過度の性行為をしている人は感染リスクが高いとされています。

検査法

おりものの状態やpH、おりものに含まれる細胞を分析する、悪臭の有無を確認する、膣粘膜の炎症状態を観察するといった方法によって総合的に検査をします。

これらの項目には医師の主観的な意見が含まれるものもあることから、pHや悪臭の原因物質の組成を定量化するなどしてより客観的な診断を行う必要があります。

なお、pHは5.0以上であることが診断基準として実用的であるとされており、診断の際には膣トリコモナス症、膣カンジダ症、委縮性膣炎などとの鑑別が必要であるとされています。

最近は簡易検査を行うための研究が進んでおり、日本ではなされていないものの細菌の酵素を検出する方法などを応用した簡便な検査が考案されています。

治療法

局所治療をメインにすえつつ、内服薬を服用する治療法が一般的です。

前者の治療では、薬剤の効果を高めるため初期に膣内の洗浄を行い、その後薬を膣内に挿入して治療すると同時に指定の薬を服用します。

妊娠中である場合、早産や流産につながる恐れがあるため薬を用いて積極的に治療することが推奨されています。

予防法

性感染症というよりは性的接触に関連している病気として見ることが適当です。

この病気は多数の人と性的接触を持っている女性において羅肝率が高まることが報告されているため、パートナーを不特定多数としないこと、免疫力の低下を防ぐことなどが有効な対策です。