std-male-nodo

喉への感染と病状

ある日、突然の倦怠感、関節痛、発熱、そして扁桃腺の腫れや喉の痛み。

風邪かと思っていたら実は性感染症かもしれません。

病院の先生も喉の痛みが性感染症だと疑う事も無く、特別な検査をしない限り気付きにくいのが喉の性感染症です。

今回は喉の性感染症について病名別に調べてみました。

咽頭カンジダ症

症状

口の中全域に炎症を起こして口内炎ができる。

口腔カンジダ症はHIV感染者の殆どに見られます。

飲食時の違和感や食道、通常では感染しないようなところに白いカスがポロポロと出ます。

カンジダ菌が口の中に異常発生するのが特徴です。

咽頭クラミジア感染症

症状

喉の奥の腫れや痛み、発熱があり、風邪の症状に似ています。

咽頭クラミジアの特徴のひとつに性器のクラミジアに感染していなくても喉だけに感染して居ることもあります。

性行為後1週間ほどして喉に違和感を感じたらクラミジアかもしれません。

定期的に検査をしてみると良いと思います。検査は性行為後直ぐに検査可能です。

耳鼻咽喉科で検査や治療を受けることが出来ます。治療内容はうがい採取や喉の奥の粘膜を拭う採取があります。

抗生物質の服用で治療しますが、喉も性器にも薬は効きます。

咽頭淋菌

症状

こちらもクラミジア同様に喉の奥に腫れや痛みが出ます。

風邪と見分けがつかないので自覚症状がありません。

食べ物を飲み込む時の不快感、発熱、倦怠感があるのが特徴です。

オーラルセックスやディープキスでも喉に移ります。

喉から感染し、性器から喉喉から性器へと感染し、拡大していきます。

感染には粘膜と粘膜の接触が必要ですのでディープキスをやオーラルセックスをしなければ感染を防ぐ事が出来ます。

口唇ヘルペス

症状

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウイルスに感染し起こります。

口の周りが初めはヒリヒリしたりし、晴れ上がり、水ぶくれになり、かさぶたになり治ります。

体調不良、過労やストレスなどで再発します。

感染源はヘルペスを持っている人と接触して移る事が多いです。

口唇ヘルペスを発症している時にオーラルセックスやディープキスでも口のさや性器にも感染しますので、キスやオーラルセックスをしないようにする事が感染を防げます。

検査の方法