検査等で病原体が特定されると、その病原体に有効な治療薬である抗生物質が処方されます。

病院で処方される抗生物質は主に5種類あり、ペニシリン系、セフェム系、マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系があります。

そして、それらの処方薬は有効成分により特徴があります。

細胞壁合成阻害薬

生物の構成要素である細胞を比較すると、細菌の細胞には細胞壁がありますが、人間の細胞には細胞壁がありません。

細胞壁とは細胞の外側と内側を隔てる膜で、細菌の形を保ち外部との環境の違いから体内を守っています。

この細胞壁の組成を薬で阻害すると、細菌は細胞壁を作ることが出来なくなり、外から細胞内に水が流入してしまい細胞が膨張、破裂することで細菌は死滅します。

人を構成する細胞にはこの細胞壁が存在しないので、細菌にのみ有毒性を発揮するので薬として機能します。

人類初の抗生物質であるペニシリンは、細胞壁合成阻害薬に分類され、病原菌の細胞壁を破壊し細菌を殺菌します。

該当する薬の種類

ペニシリン系、セフェム系

細胞膜機能阻害薬

細胞壁の内側には、細胞膜があり細胞膜は細胞内の構成要素が外へ流出しない働きをしています。

細胞膜へ作用し膜透過性を高め、生存に必要な要素が外へ流出し細菌は死滅します。

細胞膜機能阻害薬は細胞膜から外へ流出させる機能があり、病原体を死滅させます。

該当する薬の種類

ポリミキシンB

タンパク質合成阻害薬

細菌は細胞分裂のためにタンパク質を必要としますが、そのタンパク質を新たに生成する器官がリボゾームです。

この増殖に必要なリボゾームの働きが抑えられるとタンパク質を組成できずに細胞分裂し増殖することが出来なくなります。

タンパク質合成阻害薬は、このようにリボゾームに働きかけることで細菌の増殖を抑えます。

リボゾームは人間の細胞にも存在しますが、この薬は細菌のリボゾームにしか作用しないので人間の細胞には影響を与えません。

該当する薬の種類

マクロライド系、テトラサイクリン系、アミノグリコシド系

核酸合成阻害薬

細胞は分裂する時にDNAやRNAなど核酸から細胞の設計図を引き継ぎます。

細胞分裂に必要なたんぱく質の組成内容もこの核酸の情報をもとに組成するので、核酸の合成が抑制されるとタンパク質の組成が妨げられ分裂が出来なくなります。

核酸合成阻害薬はこのように核酸(DNAやRNA)の働きを阻害することで細菌の増殖を抑える働きをします。

該当する薬の種類

ニューキノロン系

抗生物質の対応表

抗生物質の種類商品名淋菌へ有効か?梅毒へ有効か?クラミジアへ有効か?
ペニシリン系ペニシリンG有効有効
サワシリン有効
ゾシン
セフェム系ケフレックス有効
フロモックス有効
メイアクト
セフゾン有効
マキシビーム
マクロライド系クラリス、クラリシッド有効
ルリッド
ジスロマック有効有効
テトラサイクリン系ミノマイシン有効有効有効
ビブラマイシン有効有効
ニューキノロン系ウィントマイロン有効
タリビッド有効有効
オゼックス有効
クラビット有効有効
ジェニナック有効