std-female-2

性病になった時の女性器にある症状と考えられる病気の種類

おりものが増える

おりものの状態を見てみましょう。

無臭でカッテージチーズやヨーグルト状の白いおりものが出ていて痒みも伴うようであればカンジダ性膣炎が疑われます。

あわ状のおりもので悪臭があればトリコモナスなどが考えられます。

クラミジアや淋病でもおりものは増えます。

おりものが増えている状態というのは、膣内の悪いものを排出しようとしているので、ほとんどの性感染症ではおりものが増えます。

自然治癒のために身体が行っている場合もありますが、下腹部の痛みを伴ったり、性器の痒みを伴ったりしているならすぐに受診しましょう。

あそこ・まんこ(女性器)周辺が痒い

クラミジアや淋病、カンジダ性膣炎などが疑われます。

痒みというのは軽い痛みですから痛みの出る性感染症では初期の段階で痒みを感じることもあります。

性感染症は放置すると悪化するものが多いですから、自然治癒に頼らずすぐに受診しましょう。

あそこ・まんこ(女性器)周辺が痛い

性器周辺が激しく痛み、排尿も困難なほど痛みがある場合、性器ヘルペスや淋病が考えられます。

性器ヘルペスの場合赤いぶつぶつや水疱、腫瘍などが見られます。

カンジダ性膣炎の痒みをとろうと石けんでゴシゴシ洗ったりすることで皮膚が炎症を起こし痛むこともあります。

性交渉の最中とすぐあとだけ痛む場合は、性感染症ではなく性交痛の可能性もあります。

膣からの分泌液が少ないと性交の摩擦により粘膜が軽い炎症を起こします。

しかし診察、検査の結果異常がなかった場合性交痛としてそれからの対処法を考えれば良いのですから、性器周辺に痛みを感じた場合はやはりすぐに受診した方が良いでしょう。

あそこ・まんこ(女性器)周辺にしこりができる

痛みを伴わないしこりの場合、梅毒の1期であることが疑われますのですぐに検査しましょう。

デリケートゾーンのケア

関連記事

女性器(あそこ・まんこ)の痛み・かゆみ・だだれ・腫れがある時に考えられる病気

女性器の痒みや痛みなどいつもと違うと気になるものですよね。 ただれや腫れなどを伴ってしまうと下着があたるだけでも痛くてたまらなくなってしまいます。 デリケートな部分の事だけに周囲の人にも聞けないし不安になってしまうことで・・・