std-female-1

おりものの役割、成分や健康に与える影響

女性にとって下着を汚してしまう「おりもの」って不快なものですが、とても重要な役割をもっているのです。

「おりもの」とは子宮や膣からはがれた古い細胞と子宮頚部や膣からの分泌物の混じったもので、無色透明か白っぽく少しだけ粘り気があります。

月経前後・排卵日などには量が増えて少し臭いがする事もありますが普段は臭いがありません。

おりものの重要な役割

自浄作用

おりもののお陰で膣内は弱酸性に保たれていて、細菌が膣内に入るのを防ぐのと同時に繁殖するのを防いでくれています。

排卵期に受精のお手伝い

排卵期に精子が卵子まで到達するようにおりもので精子を包み込み受精するように手助けをしてくれます。 

おりものの成分

・子宮や卵管、膣

・バルトリン腺(膣口の左右)

・スキネ腺(尿道の左右)

・汗腺(:かんせん。外陰部付近)

・皮脂腺

・デーテルライン桿菌(でーてるらいんかんきん)

などからなる分泌液が混ざったものです。
 

デーテルライン桿菌とは

おりものに含まれている成分で「乳酸菌」で、とても大切な成分で膣内を酸性に保って悪玉菌の増殖を抑えてくれています。

女性の膣の中には常用菌として様々な真菌や細菌がいます。

普段は大丈夫な菌でも体調を崩したり免疫力が落ちていたり抗生物質を飲んでいる時などに真菌や細菌が異常に繁殖してしまう時があります。

それを正常化するようにしてくれる役割があります。

おりものと健康

「おりるもの」が語源のおりものですが、女性の体調をしるうえで重要な役目をもっています。

下着についたりと不快感の方が気になってしまいがちですが、健康のバロメーターが分かるのも「おりもの」なのです。

通常ですと白っぽい半透明なのですが(乾くと黄色っぽい色になります)いつもと色が違ったり量が異常に増えていたりすると病気のサインの可能性もあります。

カンジダ、クラミジア、淋病、細菌感染や、血が混じっているようなおりものの場合、子宮系の病気を患っている場合もありますので、量、臭い、色の三つは観察したいものです。

ストレスや疲れなどでも「おりもの」の量なども変化しますし、全身の倦怠感や発熱などを伴ってきますと子宮の奥の方で炎症を起こしている事もあります。

女性器の中などは目で見れませんし、おりものの変化でみるしかないのも事実です。

性病になった時のおりものの色や臭いの異常と考えられる病気の種類

おりものが白い

白いおりものが出る性感染症にはカンジダ性膣炎があります。

カッテージチーズ状、酒粕状、ヨーグルト状などと表現されます。

白くてポロポロした固形物が混じっているような感じ、どろっとした感じが特徴です。

匂いはほとんどなく、おりものが触れる外陰部などに強い痒みを感じます。

おりものが臭う

泡だった状態で、クリーム色や黄色っぽいおりものが悪臭を放っている場合は、トリコモナス膣炎が疑われます。

トリコモナス膣炎なら必ず泡立っているということではなく、透明なおりものの場合もあります。

性感染症ではありませんが、子宮頸管炎の場合も黄色や茶褐色のおりものが増え、悪臭がします。

子宮頸管炎の原因にはクラミジアが進行した場合がありますから、性感染症を放置することで女性の場合は不妊の原因になったり、流産しやすい身体になることもあるのです。

悪臭がする場合は自然治癒は難しいですし、将来のことを考えてできるだけ早く受診してください。

おりものが茶色い

おりものが増えたり色が変わったりするのは性感染症が原因の場合だけではありません。

血液が混じることで茶色や茶褐色になることが多く、その場合は性感染症ではなく子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が疑われますので早めに受診しましょう。

おりものの量が増える

さまざまな性感染症ではおりものの量が増えます。

悪臭がするなどわかりやすい場合は受診しやすいのですが、量が増えただけだとあまり気にしない人もいますから性感染症が悪化する場合もあります。

原因を自分で判断せずに、受診することが大切です。

デリケートゾーンのケア

関連記事

おりもの色が白い時は、何かの病気なのか?

女性にとって「おりもの」は下着を汚してしまう少しブルーな気分になってしまう存在ですが、実はとても大事な役割も持っているのです。 子宮・膣から剥がれた古い細胞だったり、子宮頸部・膣からの分泌物が混ざっているのが「おりもの」・・・

おりもの色が黄白色、黄色、緑色の時は何か病気なのか?

おりものの色が濃い黄白色、黄色、緑色の時に考えられるのは細菌や寄生虫による感染症が疑われます。 膿などが交じり悪臭を伴う場合もありますが自覚症状がない事もあります。 細菌性膣炎 膣内は健康な時は乳酸菌で強い酸性の状態に保・・・

おりもの色が茶褐色、赤、黒、ピンク色の時は、何かの病気なのか?

おりものの色が普段と違うと不安になると思いますが、正常な場合もありますし病気の場合もあります。 痛みなどを伴う場合は早期に婦人科での受診をしてください。 『不正出血』『着床出血』『排卵期出血』 ・生理周期でない時におりも・・・

年齢によるおりものの量の変化

「おりものの量」は個人差もありますが年齢によっても分泌される量が少し違うみたいです。 おりものを不快に思うほどの方もいれば全然気にならない程度の方もおられるみたいで本当に個人差のある事だと思いますが、一般的にはどうなので・・・

女性ホルモン種類と役割

ホルモンの種類は40種類ほどあるのですが、その中で「女性ホルモン」と呼ばれているのが「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」に2種類になります。 他には「卵胞刺激ホルモン」「性腺刺激ホルモン放・・・

おりものの異常の予防法(生活習慣などで気をつけること)

生活習慣の乱れで「おりものの異常」が起こる事があります。 膣内は通気性が悪く温度もあり細菌が繁殖するには、とても良い環境の状態に元々あります。 体調が悪かったり免疫力が落ちていると細菌はここぞとばかりに繁殖します。 普段・・・