自分が真剣に付き合っている男性と、性病検査を行う事は凄く理想的な事です。

性病に感染しているかいないかは、お互いにとって非常に大事な事で付き合っていく中で、安心して性行為を行えるからです。

お互いがまだ経験のない人同士であれば、まず性病に感染している可能性はないと思われますが、そうでなければ一緒に検査を受ける事は大事です。

ただ相手の男性に趣旨をきちんと理解してもらう事が必要ですが、中には性病なんて持っていないから大丈夫だと拒む人もいると思いますが、いつどこで性病に感染してるか分かりません。

性病は放っておけば重症化するケースもあり、女性にとって重要な妊娠や出産に影響する事もあります。

もちろん男性にも無精子症になる様なケースもあるので、お互いの将来をきちんと考えての事だと理解を求めれば、拒む理由はないはずです。

結婚している夫婦であっても、原因が分からずに性病になっているケースも多く、他の人との性行為における感染が原因でない事もあるのです。

なので一般的に知られている感染ルートや、発生原因がある可能性は十分にあり得ます。

特に近年の性行為に関しては、挿入行為以外に多様な形のオーラルセックスも当たり前の時代になり、性病には掛かりやすい状況もあるので心配をなくすには検査が一番です。

男性がどうしても受け入れないのであれば、まず女性だけで検査を行いその結果を男性に示す事で、男性も性病検査を受けるかも知れません。