デリケートゾーンは肌トラブルになりやすい場所ですが、特に生理中は肌の状態が悪くなることでストレスを抱えやすくなります。

生理中は陰部がかゆくなるケースが多く、かゆみに耐えながら生理中を過ごすという人も多いものです。

このように生理中に陰部がかゆくなってしまう原因は何なのでしょうか?

生理中はムレやすいことでかゆみを引き起こしてしまう!?

陰部の皮膚は角質層が薄くて刺激に弱く、水分を吸収する率が高いと言われています。

これらが原因で陰部がふやけやすくなり、ムレからかゆみを引き起こしてしまいます。

生理中というのは特にナプキンを使用するということで、陰部がムレやすくなりかゆみを引き起こしてしまうのが原因です。

ナプキンの通気性が悪いことと、陰部を24時間にわたって覆っているためムレやすくなります。

さらに、生理中は陰部が不衛生になることで、かゆみが発生してしまうこともあるため特に注意が必要になる時期でもあります。

生理の最中に陰部がかゆくならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

生理中のかゆみをなくす方法はあるの?

生理中はナプキンを手放せない状態になるため、これを仕方ないと思っている人も多いです。

ですが、ナプキンではなくタンポンを使用することで、陰部のかゆみを発生させないようにすることも可能です。

通気性をよくするためにナプキンを使用せず、タンポンを使うことで陰部を覆わなくて済むようになり、清潔な状態を保てるようになります。

タンポンではなくナプキンを使用したいという人は、ナプキンを新しいものに交換する際に経血をキレイに拭き取って、ムレる可能性を極力少なくすることが重要になります。

経血が少ないからといって同じナプキンを長時間つけないようにして、ムレを防ぐこともかゆみを引き起こさないようにするポイントです。

生理中というだけでもかゆみを引き起こす可能性があるので、ストッキングやガードル、体のラインにフィットしたボトムスは生理中だけでも避けるようにしましょう。

まとめ

このように生理中はナプキンを使用することで、通気性が悪くなりムレからかゆみが出てきます。

ナプキンを使用しなくてはいけないという固定観念をなくして、清潔な肌を保てるようにタンポンを使用することも大切です。

7日~1週間近くナプキンを使用していると、どうしても肌がムレてかゆみが発生してしまうので通気性をよくさせるためにタンポンを使用して、肌を休息させてあげることも大切です。