デリケートゾーンについての悩みは、友人同士でも相談しずらく自分の胸に秘めている人がたくさんいます。

ケア用品はたくさんあるものの、どんな物を使ってケアしたらいいのか具体的にわからないという意見も多いです。

デリケートゾーンのケアはどうやっていけばいいのでしょうか?

デリケートゾーンのケアは何が大切なの?

デリケートゾーンは複雑に入り組んでいる部分なので、ケアを怠るとニオイやかゆみが発生してしまうこともあります。

おりものや尿がこびりついてしまうこともあり、雑菌が繁殖しやすい場所でもあります。

雑菌が繁殖することで臭いが気になるようになったり、刺激を受けやすくなってしまうこともあります。

デリケートゾーンをケアする時は、清潔に保てるように洗うことが大切になります。

刺激を与えないようにボディタオルを使用せず、手に石鹸をつけて指先の腹を使用してキレイに洗い上げていくことがポイントです。

直接デリケートゾーンに石鹸をつけるのではなく、キメの細かい泡をネットで作ってから洗うようにしましょう。

月経の時のケア方法

月経の時はナプキンを使用したり、経血により雑菌が繁殖しやすくなります。

特に月経中は肌がいつも以上に敏感になるため、傷つけないようにケアすることが重要になります。

デリケートゾーンのケアには、専用のケア用品で肌をきれいに保てるようにすることが大切です。

ケアする時に注意することとは?

デリケートゾーンをケアする時は、肌を傷つけないようにする必要があります。

爪でひっかいてしまったり力強く洗ってしまうことで肌が傷つき、嫌なニオイを発生させてしまうこともあります。

お風呂でデリケートゾーンをケアする際は、ボディタオルを使用しないのが最大のポイントになります。

出来るだけケアする時に刺激を与えないように注意して、洗うことでニオイを抑えられます。

ニオイが気になる時は雑菌が繁殖していると考えられるので、通常の洗い方ではなくデリケートゾーンの隅々までキレイに洗うことが大切になります。

このようにデリケートゾーンをケアすることで、ニオイを防いだりかゆみを抑えたりすることが出来るようになります。

デリケートゾーンのケアを怠ってしまうと、汗をかかなくても嫌なニオイがしてしまうこともあります。

正しい洗い方でデリケートゾーンをケアすることで、清潔な状態を保てるようになります。

清潔な肌を保てるようになれば、雑菌が繁殖してニオイを発生させてしまうこともなくなります。

対策グッズ 売れ筋ランキング

i_rank1_21売れ筋ナンバーワン!

デリクリア (日本製)

pro3-3

デリクリアの特徴

安全の日本製で、医療現場でも使われる安心の精製水を膣内でシャワー状に噴出し、膣内に付着している残血、おりもの、雑菌などをきれいに洗浄し、膣本来の自浄作用を回復させます。

噴射ノズルは優しく挿入でき、膣を傷つけないソフトな素材でできており、シャワー孔は隅々まできれいに洗浄できる位置に配置してあります。

角度が自由に変えられるノズルにより、お客様個々の個性に合わせた形状にフィットさせることができ、ソフトボトルはシャワー効果を最大限に発揮できる握りやすい柔らかさになっています。

価格 9本入り 3,680円 
(120mL×9本) 3,680円
評価 ecalic024_001

i_rank1_22売れ筋ナンバー2!

インクリア (韓国製)



インクリアの特徴

実際に使用したモニターの84%が、効果を実感し、半年間で70000個以上販売されました。

ビデでは落とせない、タンパク性の汚れや、オリモノなどをしっかり洗浄でき、臭い改善に、とても効果的です。

膣内に乳酸を補給して膣内の細菌バランスへも配慮しています。

株式会社ウェットトラストコリア(韓国)の子会社であるウェットトラストジャパンが輸入し販売しています。

現在の社名は、株式ハナミスイに変更

価格 1296円-3本
3833円-10本
評価 ecalic024_004



  

i_rank1_23売れ筋ナンバー3!

ドルチェローズ 生ジャムウソープ (日本製)



生ジャムウソープの特徴

インドネシア発祥のデリケートゾーンを洗う石鹸として評判となりました。

価格 80g 1個1,728円
3個 4,980円
評価 ecalic024_007


デリケートゾーンの関連記事

雑菌が繁殖することで引き起こす危険からデリケートゾーンを守るバリア機能

デリケートゾーンは汗やおりもののせいで雑菌が繁殖してしまうことが多いものです。 女性の中にはデリケートゾーンのニオイが気になるという人が多く、自分に自信が持てなくなったりニオイがすることで周りの人から嫌がられないかと気に・・・

20~30代の性成熟期から更年期へ加齢により変化するデリケートゾーン

年齢を重ねていくうちに顔の肌が変化していくように、デリケートゾーンの肌も年齢によって変化していきます。 女性の体を変化させるのは女性ホルモンの働きと深く関係していて、体の変化によって肌の状態も変化していきます。 デリケー・・・

デリケートゾーンのかゆみの原因はムレによる雑菌の繁殖

デリケートゾーンは皮膚の中でも特に弱い部分で、表皮が薄いのが特徴です。 体の部位の中でもっとも肌が敏感な場所とも言われていて、肌荒れしやすい場所です。 デリケートゾーンがかゆくて悩んでいる人はとても多いですが、どれはいっ・・・

生理ではないのにデリケートゾーンのニオイが臭い場合は性病の可能性がある。

デリケートゾーンのニオイが気になり、悩みを抱えている女性はとても多いです。 デリケートゾーンのニオイが原因で、男性にドン引きされてしまうこともあります。 自分でも感じるほどの強烈なニオイが発生してしまうのはどうしてなので・・・

デリケートゾーンはその形状から蒸れやすいの注意が必要

デリケートゾーンの悩みは尽きることがなく、女性の永遠のテーマだと言われています。 敏感肌のデリケートゾーンは、肌荒れやボロボロになるといった症状が起きやすい場所でケアがとても大変だと言われています。 デリケートゾーンがム・・・

溜まった汚れ、汗や尿、垢やおりものがデリケートゾーンをかぶれさせる。

デリケートゾーンがかぶれてしまったことで、肌トラブルになってしまっている人は多いです。 かぶれは季節によるものではなく、通年発生してしまうので注意する必要があります。 肌がかぶれてしまうのはどうしてなのでしょうか? デリ・・・

メラニンの活性が高い人の場合は、メラニン色素がデリケートゾーンの黒ズミの原因となります。

肌の黒ずみは乳首やワキだけでなく、デリケートゾーンも黒ずんでくることがあります。 このようなデリケートゾーンの黒ずみで悩んでいる人はとても多く、年齢に関係なく黒ずみを引き起こしてしまいます。 デリケートゾーンの黒ずみは何・・・

生理後にデリケートゾーンのニオイが強くなるのは膣内部に残っている皮脂や汗、雑菌などが原因

女性の多くはデリケートゾーンが臭うことで、嫌な思いをしたことがあるという人は多いのではないでしょうか? デリケートゾーンが臭ってしまうのは、オリモノと深い関係があると言われています。 ニオイが発生してしまう原因について考・・・

陰部の皮膚は角質層が薄くて刺激に弱いので生理注はデリケートゾーンがかゆくなる

デリケートゾーンは肌トラブルになりやすい場所ですが、特に生理中は肌の状態が悪くなることでストレスを抱えやすくなります。 生理中は陰部がかゆくなるケースが多く、かゆみに耐えながら生理中を過ごすという人も多いものです。 この・・・